投資関連

いまさら聞けない海外FXの危険性【重要)

海外FX良いじゃんレバレッジ100倍に出来て0カットだから失敗してもマイナス(借金)にならないなんて最高

たまに見かけますね、こんな人

おススメ出来ないのでそこのところ書いていきます

何故海外FXは良くないのか?

信託保全義務化されてなかったり相対取引してるんじゃないか疑惑があったりと不透明な部分もあるのを理解してもらいたいので書いてきます

日本の金融庁は警告を出している

海外FX業者で日本の金融庁に登録していない業者に対して金融庁は警告を出しています。

なぜ警告を出しているのか、それは利用者にとって不利益となる可能性があるからです

海外FXのデメリット

信託保全のない業者がある(全部じゃないのがミソ)

税金が最大で50%かかる(何のためにリスク取ったんだよ)

出金出来ないことがある(これは本当に一部の話だけどね)

入金操作が複雑(対処法あるけどそこまでする?)

ゼロカットを実現するために何かをやっている(不透明)

ちなみに海外FX を利用するのは違法じゃないよ、業者に警告出してるだけ

信託保全が義務じゃない

海外FXは基本信託保全なんて考えはありません。

なので投資会社が潰れたらお金は一切戻ってこないと考えてください

もちろん、信託保全をしている会社もありますが・・・

私は信用しないほうがいいのではっと思っています。

0カットは良い事尽くめじゃない?

どんだけレバレッジかけて取引してもマイナス(借金)にはならないよって事なんですけどこれどうやって実現してるか気になりませんか?

わからないんですよ、なぜこれが実現できてるのか?

手数料商売で埋めれる金額ではないでしょう

不透明な場所での取引は控えよう

出金トラブルにも繋がってきます

金融庁に登録している業者は0カットが導入できません、理由は損失を補填する行為だからとのこと

補填する資金はどこから出てくるんですかね?見えざる手がお金を入れてくれるわけないですよね。

とんでもないレバレッジがかけられる

大抵の方はハイレバレッジを歓迎しているようですがよく考えてみましょう

相場が自分の考えと逆に行ってしまい損失を取り戻したいがためにハイレバレッジに手を出してしまう、想像するのは難しくないでしょう

焦ったり取り戻そうとするときは大抵負けてしまうものです、もちろん上手くいく場合もあるでしょうが・・・

ハイレバレッジは冷静さを失うシステムだと思いましょう。

国内FXは最大25倍

国外FXは最大1000倍以上なんてのもあります・・・

海外FXを利用するより国内FXで取引しよう

日本のFX業者でも十分取引できるので国内FX業者を利用しよう

警告受けてる業者でもしなにかあっても誰も助けてくれないと思って取引するよりはいいでしょう

金融庁に登録している国内業者

国内業者は色んな制約を受けることになります

最大レバレッジは25倍まで

信託保全に入ることは絶対条件などです

海外FX との比較のためにこのふたつを上げましたが、利用者にとって良い制約

海外業者はこれを嫌ってか登録してない

信託保全に入ると何があるのか

もし、投資会社が破綻したとき、預けてたお金はどうなるの?っておもいますよね、そんな時に信託保全が出てきます。

FX業者は顧客の資産を信託銀行に預けることが義務化されているので、もし倒産してしまっても預けてる分は全額戻ってきます(※取引で失ったお金は戻ってこない)

また信託銀行が破綻した場合も全額戻ってきます

最大レバレッジは25倍まで

25倍のレバレッジかけられるだけすごい

仮に1000倍までレバレッジかけたとして国内FXでそれができたら破産者増えてFX会社も首まわらなくなるでしょう・・・(国内は0カット出来ないからね)

日本語で取引できる

大事ですね、もちろん海外FXも日本語に対応しているところは多いですが正直怪しい日本語も多い・・・

理解できる日本語で書かれてある国内FX企業を使うほうが安心感あります。

理解しずらい日本語で書かれた投資情報や取引サイトで間違いが起こらないとはいえないですよね、国内サイトですら間違えることがあるようですから

投資やFXに興味がある方はまず口座の開設からどうぞ

最後に

FX取引を安心してできる国内業者でやっていきませんか?

それでは、あくまでも投資は自己判断でお願いします

またね