投資関連

インデックスファンドとアクティブファンド【インデックス良さを解説】

インデックスファンドとアクティブファンドこの二つどっち買えばいいの?って人多いと思います。

インデックスファンドがおススメなので何故お勧めなのかをアクティブファンドとの違いを含め書いていきます

インデックスファンドとアクティブファンドの違い

インデックスファンド

日経平均、NYダウ、などの指数に連動した動きをするように設計された投資信託のこと

手軽に色んな銘柄へ投資できる

日経平均に連動したインデックスファンドを購入した場合ファンドにもよりますが日経平均に採用されている銘柄から組み入れられ、それに投資をします

投資信託から複数の銘柄に投資することができるので有望な株を自分で探す手間がなく買うだけで複数の物に投資ができるのでリスクの分散にもなる

手軽に出来るってことはコストがかかる

インデックスファンドはファンドの運営費、信託報酬がかかってくる

インデックスファンドは株価指数に連動するように設計されているため掛かる手間が少なくコストが低く設定されている

アクティブファンドが1.7%ほどかかるのに対してインデックスファンドは0.52%

長年積み立てる投資信託でこの差はでかい

アクティブファンド

証券会社のファンドマネージャーと呼ばれる人が銘柄を選定し組み込んだ投資信託

ファンドマネージャーの腕次第で運用方針はインデックス(指数)を上回る成績になるようにファンドマネージャーが運営する

インデックスファンドとの違い

インデックスファンドは指数に連動する設計なので攻める投資というよりは受け身の投資となります、市場が落ち込めば成績は悪くなるし良ければ全体的に上がる

対するアクティブファンドはインデックスを上回る成績を目指すので攻めた投資(頻繁に売買するなど)なのでハマった時の儲けが大きいですがファンドマネージャーの腕次第

インデックスファンドをおススメする理由

興味深いデータ

データによると頻繁に売買をするアクティブファンドは全体的な収益を見ると負けていることが多いっというものがあります

逆に売買をほとんどしないインデックスファンドは長い目で見て勝っていることが多い

アクティブファンドの場合攻めているので売買で成功もすれば失敗することもあります、そして成功より失敗のほうが多い

インデックスファンドは買ったらそのまま、たまに一部銘柄を組み替えたりする程度で勝っているファンドが多い

積立投資の設定をして毎月買っておくだけ、アホールドっとか言われるけど気にしない気にしない

インデックスファンドが勝っているのは何故か

買ってほとんど何もしないインデックスファンドが何で攻めてるアクティブファンドに勝っているのかそれは

世界は成長し続けているからっと言えます

世界経済は成長していて、インデックスファンドは株価指数と連動するように設計されている

インデックスファンドを買っていれば世界経済の成長に乗っかっていける、そしてアクティブファンドは指数を上回る成績を目指しているのにそのほとんどがインデックスファンドに負けている

今年は例外だが世界は成長し続ける

これからも世界は成長していくのは確実でそれに乗っかるならインデックスファンドに投資するのはおススメ

最後に

私はインデックス投資を三年ほど継続しています、インデックスファンドを積立で買うのがいいのではないかいと

配当金はもらえないので不労所得とは言えないけど貯金にブーストかけることができるのも魅力です

それでは、投資は自己責任でお願いします、またね