ゲーム

スクウェア・エニックス・ホールディングス【気になる銘柄】

4月10日に発売したFF7リメイクが絶好調のスクエニ、コロナ渦の中でも株価が安定していて気になったので書いてきます

スクウェア・エニックス・ホールディングス

日本を代表するエンターテインメント企業、ゲーム事業以外にも漫画雑誌の出版も手掛けている

主な連結子会社(日本)

株式会社スクウェア・エニックス

株式会社タイトー

株式会社スクウェア・エニックス・ビジネスサポート

株式会社Tokyo RPG Factory

簡単な分析

売上、売上利益はデジタルエンターテインメント事業が大部分をしめているが出版部門も前年比で伸びている

出版部門はアプリマンガUPの売り上げが伸びいていて独自コンテンツを持つ強みからこれからも期待できそう

アミューズ部門は微増、新規タイトルなどはなかったが施設運用が良かった模様

ただしアミューズメント部門はコロナショックの影響をモロに受けていることが予想されるので今後足を引っ張ると思う

大型タイトルFINALFANTASY7REMAKEが発売から3日で全世界350万本と絶好調

続編が発売されるのでさらに今後の売り上げにも期待できそうですね

チャートその他

TradingViewより転載

近年の高値が2018年の6月18日の5710円で現在は4420円

コロナショックで一時3,000円前半まで落ちたものの現在は持ち直しているように見えます、日銀の金融緩和のおかげかもしれませんが・・・

財務健全性の面では自己資本比率が78%と高く配当面では0.98%で高配当とは言えない

ホームページのIR情報をみいてみると株主への還元もしっかりする方針だとか

目標株価が5900円と強気な数字が出ていてアナリストさんたちの意見をもとにすれば買いかも!?

割安ではないのでバリュー投資家には魅力が足りないかも、配当も1%をきっているの配当目当てで買う必要はないかと

今後もファイナルファンタジー7リマスターの続編が発売するので株価の上昇に期待して買うって層はいそうかな?

投資したいけど口座持ってないよって方は検討してみてください

最後に

ファイナルファンタジー7は中学生の頃にやった思い出のある作品なのでリマスターが失敗に終わらなかったことにひとまず安心しています

それでは、投資は自己責任で・・・

またね~