初心者

投資をはじめたときに読んだ本3選(番外編もあります)

初心者の頃は本に頼るのって大事です、投資を実践してきた人たちの意見は参考になります、今回は投資をはじめたばかりの頃に読んだ本を3冊と番外編で2冊の計5冊紹介したいと思います

投資をはじめたときに読んだ本3選

1 お金は寝かせて増やしなさい

投資をはじめて右も左もわからない頃に読んだ本です、インデックス投資歴15年の水瀬ケンイチさんが書かれてます

投資初心者の頃に読んで今でも思い出したら読み返してます、インデックス投資を主に扱った内容で分かりやすく漫画を交えて描かれていて楽しく学べます

過去のデータを交えてインデックス投資の有効性や将来性をわかりやすく書かれており初めて読む投資の本として非常にお勧めです

余談ですが間に挟まれる漫画が面白いので気になる方は是非どうぞ

2 ウォール街のランダム・ウォーカー

バートン・マルキールさんが四十年前に書いたインデックス投資のバイブル的な本です

水瀬ケンイチさんが著書の中でおススメしていたので読んでみようと思ったのがこの本との出会いでした、分厚い本で正直全部読めるのか不安になりながら読み始めました

この本を読んでいた時はちょうど仮想通貨が爆上げしていてインデックス投資より仮想通貨のほうが儲かるんじゃね?って思いながらそれでもインデックス投資を続けていました、しかしこの本を読み進めていくとインデックス投資が優れている点がわかるようになり興味を失いかけていたインデックス投資をちゃんと続ける事ができました

余談 この本を読むと銀行員や証券会社のアナリストに対して不信感を抱くようになります、不信感というと言葉は悪いですが相手に食い物にされないためにも読んでおくといいと思います

3 マンガでわかる最強の株入門

株トレーダーにあこがれてはじめて読んだ本です、もともと漫画が大好きなので非常に楽しく読めました

現物取引から信用取引はたまた空売りなどの色々な手法を漫画で分かりやすく解説してくれます、深く掘り下げてほしいところはちゃんと文章で掘り下げて説明してくれるので、初めての株取引をしてみようと思った人は読んでみる価値あると思います

自分が買ったときは帯にホリエモンさんのコメントが載っていて内容が

「興味があるなら今すぐ始めるべき、必要なことはこの本にすべて載っている」でした、興味があるのならやるべきだし、やってみないとわからない事いっぱいあるのでこの本を読みながら株式投資の世界に一歩踏み入れてみると良いと思います。

余談 一ノ瀬杏子さんってキャラクターが出てくるんですけど可愛いんですよ・・・気持ち悪くてごめんなさい・・・

番外編 読んでよかったお金の話が載ってる本 2選

1 金持ちお父さんのキャッシュフロー・クワドラント

以前話題になった本 金持ち父さん貧乏父さんのロバート・キヨサキさんの本です

キヨサキさんの過去から学んだことを交えて書かれています、この本の中で出てくる考え方でESBI E従業員S自営業者BビジネスオーナーI投資家この四つのどこで活動していくのか、従業員や自営業者ではなくビジネスオーナーや投資家になれるようにシフトしていかないと経済的に豊かになるのは難しいなどのことがわかりやすく書かれていて

今後自分がどうしていくべきなのか非常に考えさせられました、一度読むことをおススメします、読んだ後視野が広がった気がしてやる気が出ますよ

余談 ロバート・キヨサキさんの本をマルチ商法に悪用しているなどの話があって気をつけろ的なコメントを見かけることがあるのですが一度自分で読んで判断して欲しいなと心から思っています。

2 マンガバビロン大富豪の教え

これは最近読んだ本です、帯に100年読み継がれるベストセラーって書いてあるのが気になって購入しました

内容の九割が漫画で読みやすくお金を増やすには何にお金を使えばいいのかなど基本的な事が書いてあります、お金に関する本はどうしても難しく書かれていることが多い中漫画で分かりやすく、読んでいる人にしっかり伝わるように書いてあります

基本的な収入の十分の一はちゃんと貯蓄するなども書かれていて、これを実践していけばお金持ちになれる可能性が上がるのではないかと思える内容でした

小難しい本につかれたときに読むと良いかもしれません

最後に

どれも良い本です、初めて投資をしようと思った時やどうすればいいか判らなくなった時に心の支えになりました。

今回紹介した本が誰かの役に立てばと思っています

それではまた