初心者

株式取引の専門用語解説 PERってなに?を簡単に書きます

株式取引はじめてばかりの頃専門用語がわからなくて困ったので書いてみます

PERってなに? 株価収益率

PERってのは日本語で言うと株価収益率と言って会社の利益と株価の関係を表す数字で主にその株が割安かどうかを判断するときに使えます

PER数値が低ければ会社の稼ぐ利益に対して株価が割安だと判断する事ができます

割安だと何がいいのか・・・上がった時儲かるよね、配当のある株を割安で買えたらうれしいよねって話 PERが低く配当の大きな会社は要注目です 

PER数値の変化で判断できること

PERは株価が下がって純利益が前と一緒だったら上がりますし株価がそのままでも純利益が増えたら下がりますここで重要なのはなぜ株価が落ちたのかを調べることです

株価が急落していた場合なぜ急落したのか出来るだけ調べてください不祥事で下がっていた場合は要注意です・・・PER的には割安でもリスクは割高なこともあるので、逆に調べても要因がわからない時は調整(便利な言葉)の入っている可能性があるので納得できる金額で勝負にでるのもありだと思います

PER数値だけを判断材料として使用する際はあくまでも参考材料とおもって使うのをおすすめします、PER数値だけ見て他のこと何も見なかったら最悪会社の倒産なんてこともあり得ます・・・

【注意】暴落時にはあてにしにくい

割安かどうかを調べるときに使えるPERですが現在のような世界同時株安場面では当てにしにくいです

全部下がっているのでどれも割安に見えちゃうから!!

まぁ仕込み時って感じではあるよね、リーマンショックより下げてるって現実が足を引っ張るけどさ・・・

最後に

今回はPERが何なのかどんな風に使うのかを書きました、株って専門用語のせいで難しく感じることが多いんですが、かっこいい横文字使ってるだけで調べてみると結構簡単に理解できるってこと多いです、自分の記事では説明が足りないかもしれませんが調べるきっかけになればと思います

次回はEPSが何なのか書いてみます

それではまた、投資はあくまでも自己責任でね