ゲーム

eスポーツは熱い?【eスポーツ関連株も熱い】

eスポーツが盛り上がり始めて数年たちます、国体でもeスポーツ分野が出来て多方面から力を入れている模様

この記事はeスポーツファンもしくはeスポーツ関連株に興味がある人向けに書いてきます、興味のある方はお付き合いください

eスポーツは熱い?

はっきり言って熱いです

伸びしろしかない状態と言っても良いんではないでしょうか、そこらへん書いてきます

eスポーツの競技人口

なんとビックリ競技人口は推定1億8千万人

観戦するお客さんは3億人以上と言われています(日本の人口の倍以上)

競技人口ランキングトップ5に入りますね

競技人口ランキング

一位 バスケットボール約5億人(バレーボールって説もある)

二位 卓球約三億人 中国での競技人口が多い模様

三位 クリケット 約3億人日本には馴染みのないスポーツですが高額年俸を貰ってる選手もいてインドなどで大人気

4位サッカー 約2億6千万人、日本でも大人気ですね

5位eスポーツ 約1億8千万人、ここに入ってきます、ちなみに日本での競技人口は360万人

eスポーツって他のスポーツみたいにボール一個あればできるものではないので金がかかる、この金がかかるスポーツを1億8千万人がやっているのは伸びしろしか感じない、競技人口増えるだろうしね

eスポーツ選手の道具

普通にゲームする人には想像できないものが必要

PS4のゲームをするだけでも勝つためにはコントローラーからの遅延を減らすための物を接続したり、相手の足音を聞き取るための高性能なヘッドセットが必要だし

パソコンでゲームをするとなればハイスペックなものを用意する必要がある

ハイスペックなパソコンは最新技術がこれでもかと盛り込まれている

そこに投資家は目を付けてる、NVIDIAやAMDにMicrosoftもeスポーツ関連株と言えてしまう

テンセント

eスポーツを語るうえで外せない世界最大のゲーム企業テンセント、中国の会社です

テンセントか関わっているゲームリスト(主な作品)

  • LOL(リーグオブレジェンド)
  • PUBGモバイル
  • クラッシュオブクラン
  • クラッシュロイヤル
  • フォートナイト
  • コールオブデューティーモバイル

こんだけあってまだあるのがテンセントの凄いところ

ゲームを販売するだけじゃなくてeスポーツの発展に力をかなり入れているのもこの会社の特徴

LPL(リグオブレジェンド)のプロリーグに有名企業とスポンサー契約をしている模様、LPLリーグのユニフォームは全部ナイキ

普通のゲームとeスポーツの違い【テンセントの強み】

eスポーツはスポーツである以上競い合わなきゃ成立しない訳でそれ以外のゲームは競技として成り立ちません

競技性があり、なお且つ世界的な人気もあって競技人口が多いゲームを多数発表しているテンセントはこれからも成長していくでしょう

テンセントの株価

出所TradingView

現在の株価は435.000HK$日本円で6100円ぐらいです、うん、高いですね

これだけの企業でこの値段も納得でしょう、むしろ安いかも・・・

ただ問題点が・・・中国の会社であることが問題、表現の規制に厳しい中国過去にゲーム内の描写が過激すぎると指導が入ったこともあるんだとか

それともう一つ最近マーベラス(日本の会社)の筆頭株主になったんだけどテンセントにマーベラス必要?ちょっとなんでも手を出してるように見えます

まだ証券口座を開設してない方はこちらを検討してみてください

アフターコロナの時代に強い

新しい生活様式の中でも問題なく競技が出来てしまうスポーツってなーんだ

簡単ですね、eスポーツです

スポーツって体がぶつかったり相手の使ったものを使いまわしたりするので現在ほとんどのプロリーグが止まってる状態なのは周知の事実ですね

しかしゲームはそんなことはない!!ヘッドセットで話すから濃厚接触にはならないしコントローラーは自分専用の物を持ち込むので問題なし

さらに観客は家で見ることができる(会場のモニター見づらいんだわ)

そしてこの観客にダイレクトで広告を打つことのできるスポンサーは下手な広告を打つより効果的

サッカースタジアムに広告打っても人が来なけりゃ無駄銭だからね・・・

最後に

eスポーツはまだまだ発展してくれそう

日本で火が付けば最高なんだけど日本のプロライセンスがガバガバなのでまずはそこからって感じですね

それでは、投資は自己判断でお願いします。

またね